日本コンクリート株式会社 採用サイトRECRUIT

INTERVIEW 04

残業がほとんどなく、仕事と
プライベートを
バランスよく
両立できる会社です。

生産部 技術課 係長
Kさん

Q1
入社した理由は何ですか?

仕事だけに偏るのではなく、プライベートの時間が確保できる会社で働きたいと探していた時に日本コンクリートを知りました。ここなら、大学で学習した知識を生かすことができ、将来のプランが立てやすく、地元の東海地方に拠点を置くことができるので、理想に合った働き方ができると思ったからです。

Q2
実際に入社してみてどうでしたか?

就職活動していた当初に思い描いた通りの会社です。大学の専攻が土木関係だった為、学んできた計算の基礎や構造の知識が、今の設計業務に生きています。働く上では、残業がほとんどなく待遇面はバランスが取れていますし、有給も取りやすいので、仕事とプライベートを両立した働き方ができています。

Q3
技術課の仕事とは何ですか?

入社してから現在に至るまで、コンクリート製品の設計業務(構造計算やCADを使った製図)を担当しています。最近では、大規模な区画整理や大断面のボックスカルバートを設計しました。
構造計算するための条件は現場によって様々であり、製品の上に載る土の厚さ、上を走る車両の大きさ、地震に耐えられるかなど、現場に合わせた設計を行い、安全に使用できるか確認します。
製図作業では、製品にどのような加工をし、どのように並べるか、コンクリートの中に鉄筋をどのように配置するかを示す図面を作成します。

Q4
やりがいは何ですか。

入社9年目に東海環状自動車道(愛知・岐阜・三重の諸都市を連結する高速道路)の下に横断する3分割ボックスカルバートの設計を任されました。規模が大きく、難工事が予想され、プレッシャーに押しつぶされそうなときもありましたが、営業〜技術課(設計)〜工場(製造)〜工事課(施工)とバトンを繋ぎ、無事に施工を完了させることができました。日本コンクリートでは、みんなが知っている大きな現場に携わることができ、やりがいと達成感を味わうことができます。自分が設計・製図した通りに製品が製造され、無事に工事が完了したところを目の当たりにした瞬間は格別です。

Q5
今後の目標を教えてください。

今、建設業界が転換期で省力化生産性向上といって効率よく工事を進める取り組みがされています。その中でプレキャストコンクリートがスポットライトを浴びており、今後需要が高まると共に、メーカーの役割や期待値も高くなるため、会社の技術力アップに一躍を担えればと考えています。会社の技術力は個々の技術力が直結しますので、今の日コンには、この製品はこの人に聞けば必ず解決するスペシャリストがたくさんいます。自身も極めた分野を増やし、知識レベルを上げていきたいです。

Q6
入社したらどんな研修をしますか。

入社して1年間はOJTトレーナー教育の期間があって、実案件を通じて知識や技術などを教えていきます。知識がなくても、CADの使い方や計算の仕方、現場への同行など、日々の業務を一緒に行いながら仕事を教えていくので安心してくださいね。

Q7
このサイトをご覧になっている方にメッセージをお願いします。

東海地方を代表するインフラ構造物に関わることができ、自分が苦労して設計したものが生活圏内に広がっていくやりがいを感じることができます。楽しく仕事がしたい、そしてプライベートも充実させたい、と考えている方に最適の職場だと思います。

New Employee INTERVIEWS

2021年入社の新卒社員たちの仕事に懸ける決意を思う存分語ってもらいました。

2021年入社の新卒社員4人に聞きました。

キャリア採用

総合職

ニッポンの都市インフラを手がける日本コンクリートで、あなたのキャリアを活かしてみませんか?

READ MORE